急性症状でレメディはいつ変えればよいのか?

急性症状では症状は早いピッチで変わっていきます。

なので、どこで違うレメディに変えるか、
迷うことがありますね。
(実際、救急相談でもよく質問されます)

ポイントはやはり「よく観察すること!」です。

たとえば、
今の症状に合いそうなレメディをとった

変化があった

ちょっと変化が止まった感じがする…

こういうときは、
レメディは変えなくてよいです。
同じレメディをリピートしてください。

しかしながら途中で

・明らかにそれまでになかった症状が出てきた。
・同じレメディをリピートしても変化がない感じ。

そういうときは、別のレメディを考えましょう。

もしレメディを間違ったらどうしよう~
なんて思わなくて大丈夫!

レメディをとるということは
こんな状態だよ、という情報を
身体に知らせるということなんです。

自然治癒力は、そういう情報の中から
いちばん良い方法を自分で選んでくれますよ。