ホメオパシー療法(同種療法)について

ホメオパシーHomeopathyとは「Homeo=同種の+Pathos=原因」という意味です。約200年前にドイツで始まり、ヨーロッパ、アメリカ、インド、オーストラリアなどで補完療法として一般的に知られています。

風邪、腹痛、頭痛など、急性症状のためのホメオパシーのレメディ(remedy)は市販されていて誰でも購入することができます。薬と違ってとても安全なので、赤ちゃんやお年寄りにも使えます。

しかしホメオパシー療法は「病気の症状を抑える対症療法」ではありません。「人間本来の自然治癒力を高める療法」です。自然な形で治ることをスムーズにするので完治につながります。

「心の問題」が原因となって病気や症状が出てくることもあります。こうした心の問題や、慢性症状の改善はご相談ください。

※ホメオパシー療法の専門家は「ホメオパス」といいます。

よくある質問

レメディについて

ホメオパシー療法では、レメディ と呼ばれる、直径3mmくらいの小さな甘い粒を口に入れます。レメディは口の中で自然に溶かします。
レメディは液体やクリーム状のものもあります。

レメディには薬のように物質的な有効成分は入っていません。
自己治癒力を高めるための“情報”が入っているだけです。
人間に限らず、動物や植物といった生物はこの情報を再生する能力があります。

有害な成分はまったく含まれていませんからたいへん安全です。
たとえばイギリスの薬局では、どこでもホメオパシーレメディが市販されています。
ホメオパシーを使いたいのはこんなとき
何度も繰り返し同じ症状が出る
急性症状のとき
急性症状が長引いたとき
サプリメントではなく栄養補給したい
子どもになるべくお薬を使わないようにしたい
自然な出産をしたい
予防接種の悪影響を防ぎたい
精神的ショックや事故のトラウマから立ち直れない
・・・など
ホメオパシーの特徴のまとめ
同種療法。欧米ではすでに200年以上、一般的に愛用されている自然療法です。
ドイツの医師ハーネマンが確立し、医薬品とは別の「レメディ」を用いて、自己治癒力を高めることにより、さまざまな症状が改善します。
レメディは通常は、3mmくらいの砂糖玉です。
レメディの原料は、多くは植物、ミネラルで、独特の方法で希釈震盪されて作られています。
ホメオパシーは身体の症状だけでなく、精神的にも働きかけます。
イギリスでは英国王室の主治医も使用し、公立のホメオパシー病院もあります。
イギリスでは薬局、スーパーマーケットでも市販されており、とても安全で習慣性がないので、妊婦さん、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢を問わず使用されています。
ドイツでは医師の70%以上がホメオパシーレメディを処方し保険適用。
セルフケアとしてドイツ人の70%がホメオパシーを使用。
フランスでは医師の50%以上がホメオパシーレメディを処方し保険適用。
セルフケアとしてはフランス人の約40%が使用。
イギリスではホメオパシーを学んだ医師は約2500人、医師の処方であれば保険適用。医師以外の民間のホメオパスは約1万人。セルフケアとしてはイギリス人の約11%が使用。
ホメオパシーが使える急性症状の例
風邪、発熱、咳、鼻水、胃痛、下痢、食あたり、頭痛、ショック、時差ぼけ、ケガ、虫刺され、日焼け、じんましん、乗り物酔い、二日酔い、口内炎etc.

ホメオパシーが使える慢性症状の例
アレルギー(花粉症・喘息・アトピー・鼻炎)、不眠症、高血圧、糖尿病、腰痛、リューマチ、関節痛、慢性疲労、肝臓病、腎臓病、心臓病、偏頭痛、便秘、甲状腺の問題、むくみ、蓄膿症、眼の疾患、ポリープ、腫瘍、ガン、神経痛、ストレス、女性の疾患(生理痛・PMS・生理不順・更年期・妊娠中の症状)、男性の疾患(前立腺肥大・インポテンツetc.)、心の問題(SAD・うつ・不安・パニック障害)、原因不明の病気、赤ちゃんと子供の病気全般 etc.