ブッシュフラワーエッセンスとは

心もカラダも癒してバランスをとる!オーストラリアの野生の花のエネルギー

ブッシュフラワーエッセンスの概要・製法

ブッシュフラワーエッセンスには、体に影響を与える物質成分は含まれていません。このエッセンスは「野生の花のエネルギー」のみを含んでいて、心や身体の不調のバランスを整える働きがあります。

作成方法は、野生の花の部分を水に浸し、太陽にさらした後、花を取り除いた水がエッセンスの素(もと)となります。この素を水で薄め、保存剤としてブランデーまたはお酢を加えて市販の製品が作られています。

ブッシュフラワーエッセンスは医薬品ではありません。

花療法の起源(バッチ博士によるバッチフラワーエッセンスの創作)

バッチ博士

昔から「花には心を癒す力がある」とされていました。1930年代、医師でありホメオパスだったイギリス人のバッチ(Bach)博士は、自分自身の経験から、病気の原因は感情的な理由(恐れ、心配、怒り、不安、悲しみなど)が多いと考えて、心を癒す野生の植物の研究を始めました。博士は野生の花と会話できたそうです。

バッチ博士は、36種類のバッチフラワーエッセンスを創作し、これらを使ったセラピーを始めました(バッチフラワー療法)。このセラピーは世界中に広まり、その後各国の野生の花から独自のフラワーエッセンスが作られるようになりました。

オーストラリアの先住民とブッシュフラワーエッセンス

オーストラリアの先住民アボリジニは、古くから情緒の安定のために花を利用していました。その伝統に触発されて、ブッシュフラワーエッセンスは生まれました。

1987年、オーストラリアの自然療法士のイアン・ホワイト氏は、アボリジニが使っていた花を含むブッシュフラワーエッセンス(50種)を創作しました。そしてその10年後に19種類のエッセンス、2023年に新たに1種類が追加されてエッセンスは全部で、70種類になっています。

ブッシュフラワーエッセンスの働きとは?

ブッシュフラワーエッセンスは、心とカラダ全体のバランスを調整します。

植物のエネルギーは完全なものだと言われており、ブッシュフラワーエッセンスは完全にバランスがとれたエネルギーを持っていると考えられます。従って心身のバランスが崩れた状態でブッシュフラワーエッセンスを摂取すると、心身のプラスとマイナスのエネルギーが調和するのです。

例えば、ストレスでリラックスできない人はホッとする余裕ができ、電磁波に過敏な人は過敏さが和らぎます。

さらにブッシュフラワーエッセンスの大事な特徴は、心理的・感情的な問題だけでなく、身体的な症状にも使えることです。

※英国で世界最初に作られたバッチフラワーエッセンスは主に心の問題に対して使用されます。

ブッシュフラワーはこんなときに使えます

  • 悲しみや怒りなどの感情から抜け出せないとき
  • ホメオパシーレメディに敏感なとき
  • 職場、家族、恋愛など、人間関係の悩み
  • 思春期の子ども
  • 電磁波に過敏
  • ストレス
  • 自信がない
  • デトックスしたいとき
  • 女性に多い不定愁訴
  • 生理や更年期の問題
  • 子どもができない
  • 眠れない
  • アレルギー
  • 気分の落ち込み、うつ

など。

複数ミックスされた「ドロップス」は使いやすい!

ブッシュフラワーは70種類もあるので、ご自分で選ぶのはちょっと大変かもしれません。

単品のエッセンスとは別に、よくある問題のテーマ別に複数のエッセンスが前もってミックスされた「ドロップス」があります。こちらはどなたでも大変使いやすいと思います。一覧表にしたので、ご自分に合いそうだなと思うものを選んでみてください。

※従来の「コンビネーション」は「ドロップス」という名称に変わりました。

当サイトでブッシュフラワーエッセンスを選ぶには?

サイドバーまたはページ下部にある「サイト内を検索」ボックスに語句を記入します。
スマホの場合は「検索」をタッチしてください。

複数の語句を入れる場合は半角のコンマ(,)で区切って記入してください。

例:「自信」「自信, 恐怖」「やる気がない」など

そうして検索で出てきたいくつかのエッセンスの説明を読んで、比べてみてください。
これ、合ってるかも!と思えばとってみましょう。

選ぶ際の注意点!

複数の問題がある場合、それぞれに合う(と思う)エッセンスを多数ミックスしないこと。

一番悩んでいる問題に絞る方が良いです。

関連性のない複数の問題については、本当に関連がないのか、どこか根っこで繋がっていないかよく考えてみましょう。

問題の原因と思われることに合ったドロップスを選べば、それが複数の問題をカバーしてくれることもあります。

(例:体の不調が全て「人間関係の問題」から来ているとき→ リレーションシップ・エッセンス)

ブッシュフラワーエッセンスの形状、希釈液の作り方、とり方

ブッシュフラワー市販ボトル

エッセンスの形状には以下があります。

  • スプレー(経口)
  • 皮膚に塗る、クリーム
  • 空間にスプレーする、ミスト
  • 精油とミックスされた、ロールオン

お口からとるエッセンスは、単品エッセンス(70種類)と、ドロップス(24種類)があります。

単品エッセンス(70種類)は、アルコール度数が高い原液です。そのままとるのではなく「希釈液のボトル」を作ってとってください。(作り方は以下)

ドロップス(24種類)は、すでに複数のエッセンスが混合されているので、そのままとることができます。

別途、親子のためのドロップス(6種類)もあります。

【希釈液のボトルの作り方】

  • 別の容器(15ml程度のスポイト付きボトル)を用意する。
  • 単品エッセンスから7滴をその容器に移す(複数ミックスする場合は、各単品のボトルから7滴を移す)。
  • ブランデーかウォッカ、またはお酢を容器の1/4程度加える。
  • 残りの容器を水で満たす。

とり方は、朝と夜に舌下に7滴ずつ垂らします。2~4週間続けます。

その後は継続するか、一時中断してから再開するか、別のエッセンスに変えるかは個人の判断によります。

また、ブッシュフラワーエッセンスは、水や飲み物に入れて飲むこともできます。
お子さんやアルコールが苦手な人はアルコール分をとばしてから飲んでください。

エッセンスを取った後の変化について

もし間違って取ってしまった場合、どうなるのでしょうか?

ご安心ください。ブッシュフラワーは、「全体のバランスをとる」ように作用します。これがホメオパシーとの違いです。

エッセンスを取ると、比較的すぐに気分が大幅に良くなることがあります。また、2週間何も変化がなかったと思っていた時に急に変化が現れることもあります。

しかしながら、思ったほど変化を感じないこともあります。そのような場合は、本当の問題が初めに自分が問題と思っていたものとは異なる可能性があります。その場合は、もう一度根本的な問題を考え直す必要があります。

変化は自分の内面だけでなく、自分の周囲にも及ぶことがあります。出会う人や環境の変化などがそれに該当します。

そのため、常にアンテナを張っておくことが重要です。新しい気づきや変化に対する感覚があるほど、変化の程度も大きくなるでしょう。

反応は個人差があるため、まずは継続して試してみましょう。

あっというまに使えるブッシュフラワー無料メール講座(全6回)

ドロップスの使い方をテーマ別にやさしく解説しています。

ブッシュフラワーを詳しく知りたい方はこの2冊でOK!

ブッシュフラワーについて詳しく知るには、以下の2冊が必要です。レパートリーと呼ばれる、エッセンスを選ぶための項目をまとめた専用ページもあります。(精神・感情問題と肉体症状のパートに分けられています)

またブッシュフラワーの説明だけでなく、数秘術、キネシオロジー、虹彩学(イリドロジー)、占星術など、さまざまな興味深い内容が含まれています。

※2023年に追加されたエッセンス1種類の情報は、下記の本には含まれていません。