⇒ 新型コロナに関する厚生労働省の情報リンクはこちら!

予防接種サポート


予防接種に負けないための集中プログラム!

接種直前~1週間のみ、ホメオパシーレメディをとります。

このサポートはホメオパシーレメディをとることで自己治癒治癒力を高めることが目的です。
これから受ける予防接種の効果を失わせるものではなく、過去の予防接種のデトックスではありません。

なぜこのサポートが必要なのか

副反応に関しては、まず以下を見てください↓

副反応と思われる症状があるときはまず医師の診察を受けます。そして症状が予防接種後副反応報告基準に該当する場合は、医師から副反応の報告が行われます。ワクチンの種類によっては、極めてまれ(100万~数100万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることもあります。

このような副反応を厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定した時は、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因(予防接種をする前あるいは後に紛れ込んだ感染症、あるいは別の原因など)によるものなのかの因果関係を予防接種・感染症医療・法律など、各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合に給付を受けることができます。

予防接種法に基づく副反応疑い報告について

予防接種後副反応疑い報告書(PDF)

予防接種による副反応かもしれないと認められるのは、予防接種に種類にもよりますがほとんどのものが接種後28日までです。接種後に時間があくと、症状が確かに予防接種によるものかどうかの証明は当然難しくなります。

予防接種は直接体内に入れます。それは自然な感染とはまったく違う経路なので、数週間後やずっとあとに影響するかもしれない体内の変化は誰も予想できません。

現在予防接種はほんとうにたくさんあります。そして現代ではアトピー性皮膚炎、アレルギー、喘息などがものすごく増加しているという事実があります。予防接種と自閉症との関連も疑われています。これらは予防接種との直接的な関連は証明されていません。しかし、証明されていないから安全と言えるでしょうか?

一方、予防接種を受ける赤ちゃんも残念ながら全員が健康であるとも言えません。予防接種に対応できるように身体が整っていない場合もあるだろうし、親からアレルギー体質を引き継いでいるかもしれません。体質的に弱い場合は健康な赤ちゃんよりダメージを受けやすいかもしれません。

 

この予防接種サポートはすでに15年以上行っています。サポートとしてのレメディを使って問題があったことは一度もありません。ただし基本的なホメオパシーの働きは知ったうえでご利用いただくようお願いします。

【使用するレメディ】
Arn(アルニカ)200c、Hyper(ハイペリカム)200c、予防接種のレメディ 30c、Thuj(スーヤ)30c

こんなかたにおすすめです

  • 予防接種による悪影響が心配
  • 以前に予防接種で副反応があった
  • おとなだが職場でどうしても予防接種が必要
費用1人 1,000円(後払い、送料込み)

2人 1,500円(同日接種の場合)

※確実にお手元に送付できるよう、接種予定日の1週間前までにお申込みください。

予防接種サポートのお申込みはこちら!

タイトルとURLをコピーしました