アレルギー性鼻炎のための【ホメオパシーレメディ、ブッシュフラワーエッセンス】

ホメオパシーレメディ

アレルギー性鼻炎の主な症状は「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」です。
花粉症と似たような症状ですね。
なので花粉症のためのホメオパシーレメディが使えます。

42種レメディキットの中にあるものでは、

All-c(アリウムセパ)、Nux-v(ヌックスボミカ)、Carb-v(カーボベジ)、Ars(アーセニカム)、Nat-m(ネイチュミュア)など。

もちろん、レメディは他にもたくさんありますが…

区別する目安:

All-c(アリウムセパ)
水っぽい鼻水が絶えず流れる。

Nux-v(ヌックスボミカ)
鼻づまり。呼吸がしにくい。症状は屋内で悪化する。早朝に悪化。冷たい乾燥した天気で悪化。耳の中がかゆい。イライラして頭痛がする。

Carb-v(カーボベジ)
症状は屋内で悪化する。暖かさで悪化。冷たい空気で楽になる。

Ars(アーセニカム)
焼けるような鼻水で鼻の下がヒリヒリする。くしゃみをしても楽にならない。

Nat-m(ネイチュミュア)
卵白のような鼻水。鼻水が塩辛い。暖かさで悪化。日光でくしゃみが出る。

レメディのとりかた

症状にピッタリなものをまず使ってみてください。
30cなら1日2~3回。

当てはまるレメディがいくつかあるなら、全部を小さめの水のボトル(250ml)、または100均で買えるようなスプレービン(60~100ml程度)に入れて、1日になんどか分けてとりましょう。毎回とる前にビンをガシャガシャ振るように。(プラッシングというとり方です)

レメディは合うものをとるのが大事ですが、なかなかピッタリ合うものを選べるとは限りません。そんなときは「とる頻度」が大事です。

レメディは「自己治癒力にスイッチを入れるもの」なので、何度もとればスイッチが入る可能性があるのです。

ブッシュフラワーエッセンス

アレルギー症状の緩和には、

エマージェンシー エッセンス(コンビネーションの一つ)

エマージェンシー(緊急)エッセンスは、通常の液体エッセンス、クリーム、外用スプレーがあります。その即効性にはビックリすることも多いです。

アレルギー性鼻炎に使うならやはり通常の液体エッセンスですね。

ブッシュフラワーのとりかた

市販のコンビネーションエッセンスは、スポイト付きのビンです。

1回7滴を1日2回とるのが普通ですが、鼻炎のように何度もとりたいときは別にスプレービン(60~100ml程度)を用意して水を入れて、そこに7滴入れたものを作ってください。それを1日なんどかに分けてとります。

ブッシュフラワーエッセンスの場合は上記のホメオパシーレメディとは違って、取る前にビンを振る必要はありません。

なんで?って^^

なぜなら、ホメオパシーレメディとブッシュフラワーエッセンスは作り方がまったく違うからです。
当然働きも違ってきますね。