ホメオパシー

ブログ

強迫観念に対する特別なホメオパシーレメディとは?

強迫観念のある方に、アーセニカム(Ars)というレメディをご紹介しましたが、時にはアーセニカムを使用しても変化が乏しい場合があります。そんなときは、特別なレメディである「ノソード」が必要になるかもしれません。 ノソード…「病気の組織から作ら...
ブログ

ホメオパシー的に見る断食の適性とは?

「断食(ファスティング)するとは良い」と言われますね? でも、ホメオパシー的には、向いている人と向いていない人がいます。 向いている人は、ネイチュミュア(Nat-m)タイプの人。 彼らは自分に厳しく、ストイックな性格です。例えば、身体をしっ...
ブログ

レメディの継続使用における好転反応、プルービングについて

慢性症状があり、同じレメディを継続する際に、「続けても大丈夫かな?」と疑問に思うことがありますか? 同じレメディを続けると、起こり得る(かもしれない)望ましくない反応には、一般的に2つの種類があります。 一つ目は「好転反応」であり、実際には...
ホメオパシー

植物、動物、ミネラル各レメディの働きの違いとは?

ホメオパシーのレメディの多くは 原料によって大きく3つのジャンルに分けられます。 植物 動物 ミネラル(鉱物) それぞれのジャンルによって、 レメディが働きかける 問題となるレベル、分野が違います。 植物はメインの部分は地上に出ています。 ...
ホメオパシー

予防接種サポート

予防接種に負けないための集中プログラム! 接種直前と接種後10日間、ホメオパシーレメディをおとりください。(※2021.6月~シンプルなとり方に変更しました) このサポートは、ホメオパシーレメディをとることで自己治癒力を高めることが目的です...
ホメオパシー

心を揺さぶるニューレメディ、ローズクォーツはピンク色

ホメオパシーのレメディに、 ローズクォーツがあります。 これは「ニューエイジのレメディ」と呼ばれています。 自信喪失、性的・精神的な虐待、などがテーマです。 予防接種によるダメージにも使われます。 これは胸腺(免疫に関係)へのダメージと関連...
ホメオパシー

性的欲求をおさえられない!のレメディ

sexuality(性、性衝動など)に関連するホメオパシーレメディで 男性の場合に思い浮かぶのは、 Hyos(ハイオサイマス) イメージ: 素っ裸にコートを着て、女の子の前でパッと開いて見せるような変態男! めちゃ過激やん(汗)…(覚えやす...
ホメオパシー

インフルエンザと風邪との違いとは?

インフルエンザと風邪はどう違うのか? インフルエンザのほうが症状は重いです。 風邪の症状 … のどの痛み、鼻汁、せき、くしゃみなどの症状が中心で、全身症状はあまり見られず、熱もインフルエンザほど高くありません。体を休めていれば自然に治ります...
ホメオパシー

ホメオパシーレメディのポテンシー(希釈度)と働くエネルギーレベル

ポテンシーというのはホメオパシーのレメディの希釈度(薄める度合い)です。 Xは10倍希釈、Cは100倍希釈の単位です。 たとえば、 6xは10倍に薄めるということを6回繰り返しています。 6cは100倍に薄めるということを6回繰り返していま...
ホメオパシー

無料ホメオパシー相談(急性症状のみ)※終了

※2023年2月…「無料ホメオパシー相談」は終了いたしました。 長年ご利用いただきありがとうございました。 今後はこちらのお問合せフォームをご利用ください。 【急性症状にレメディを使うときのポイント】 1,2回レメディを使っただけではあまり...
ホメオパシー

アコナイトとアルニカの違いとは?

これまでにも ブログで何度もお伝えしている、 アコナイトとアルニカ。 どちらも「ア」で始まるから、 混乱してる人もいるかも? 具体的な使い方になりますが、 天災の被害にあわれたかたは その後のあとかたづけが大変です。 そんなときには、アルニ...
ホメオパシー

高齢者の便秘のレメディ

先週半ば、父から電話がありました。 「便秘しててな、しんどいわ~」 ---------------------------- 便秘という症状は「結果」 なぜそうなったか原因を考えるのは大事。 しかしながら今現在便秘しているということ自体はし...
ブログ

依存からの回復に役立つホメオパシーレメディは?

中毒とは、体内に取り込まれた物質や体内で生成された代謝物によって生じる病態や機能障害を指し、その状態は急性と慢性に分類されます。 急性中毒には食中毒、薬物中毒、ガス中毒などがあり、命にかかわる場合もありますので、直ちに医師の診察を受ける必要...
ホメオパシー

ティシューソルトというレメディとは?何に使えるのか、サプリメントとの違い、とり方など

ホメオパシーのレメディには「ティシューソルト」(TS)と呼ばれるものがあります。 ここでは全般的に、ティシューソルトとは何か、何に使えるのか、サプリメントとの違い、とり方などについて説明します。(個別の説明は別途) ティシューソルトとは? ...
ブログ

「眠れない…」だけでホメオパシーレメディを選べないという例

実家で両親がまだ存命だった頃、父が母を老々介護していました… 深夜に父から電話、「横になったけど心臓が息苦しくて、肩がこって寝られない、お母さんもブツブツ言って寝てくれない…なんかレメディないかな〜?」 87歳の父は背中が少し丸まり、いつも...
ブログ

強迫観念を解放するホメオパシーレメディは?

強迫観念とは、「意志に反して頭に浮かんでしまい、払いのけられない考えや頭の中にしつこく浮かぶ不快なイメージ」を指します。 例えば、何度も鍵を確認する、ショックな出来事が気になって頭から離れない、手を何度も洗わないと気がすまない(潔癖症)など...
ホメオパシー

インフルエンザに使えるホメオパシーレメディ(16種)

インフルエンザのときに使えるレメディを紹介します。 症状にもっとも合うと思われるレメディを1種類、選んでください。 とり方の目安は、30cのものなら1日1~3回、3~5日、様子を見ながら続けます。 続けても状態が変わらない、変化が止まった、...
ホメオパシー

コロナ後遺症にも使える!持続する「疲労感」の解消のためのホメオパシーレメディ

新型コロナの後遺症について、 7月に発表されたイタリアの調査では 約90%近くに何らかの症状があった。 そのうち回復後も持続していた症状として最も多かったのは、 疲労感 約53%(約半数!) 呼吸困難 約43% 関節痛 約27% 胸痛 約2...
以下でシェア
よかったらフォローしてね!