誰もがひかれる、あの可憐な花のレメディに秘められた秘密

これは何の実?

正解はこれ↓

そう、スズラン

さくらんぼみたいな赤い実がなるんや
へー知らなかった!
北海道の人なら知ってますよね、きっと

実は、スズランのホメオパシーレメディがあります。

Convallaria Majalis (Lily of the Valley)

略して Conv(コンブ)
コンブって^^;

存在は知っていたものの
改めて全草が有毒で、もちろんこのきれいな実も有毒、
ということを知ると、
やっぱホメオパシーで使われるというのがよくわかります。

このスズランというレメディーはどんな時に使うのか?というと
心臓の不調、浮腫、呼吸困難など。
なにかしら心臓が絡んだ症状ですね。

似たような使い方をするのは、Lil-t(リリウム・ティグ)オニユリ】
あ、こちらもユリ科やね。

いやぁ、スズランは香りが良くて、すごくフォトジェニックな可愛い花なのに、
すごいギャップだと思いませんか?
まさしくアイドルの表の顔と裏の顔、なんて
オバサンは思ってしまうのでした^^;

   

以下をフォローする