レメディを水に入れてとる(プラッシングする)と良いのはこんな時

「プラッシング」というレメディのとりかたがあります。

通常は500mlくらいの水のペットボトルに
レメディを数粒入れて、
1日に何度も少しずつすすります。

飲む前に毎回必ずボトルをガシャガシャ振ります。
これがポイント!

振動を与えることで
少しずつレメディにエネルギーが加わる、
と考えられています。

プラッシングは
急性症状で、
同じレメディを何度もリピートしたい、
というときに役に立ちます。

たとえば、
高熱で、Bell(ベラドンナ)
頻繁にとりたいとき、
プラッシングなら5分おきにでもとれます。

花粉症の症状… All-c(アリウムセパ)など
生理痛… Mag-p(マグフォス)など
にも使えます。

もちろん
粒のレメディを何度もとっても構わないけど、
小さくても固くて、すぐに溶けないさとう玉なので
頻繁にとると口の中が甘あま~^^;

それに
粒はなんどとっても
そのポテンシーの同じエネルギーだけど、
プラッシングなら「振動エネルギー」もプラスされますね。

ということで、
プラッシングのとりかたを
覚えておいてくださいね。

(注)
1. プラッシングを「水ポテンシー」という人もいます。

2. 急性症状以外にサポートレメディをプラッシングでとることもあります。

   

以下をフォローする