依存からの回復に役立つホメオパシーレメディは?

中毒とは、体内に取り込まれた物質や体内で生成された代謝物によって生じる病態や機能障害を指し、その状態は急性と慢性に分類されます。

急性中毒には食中毒、薬物中毒、ガス中毒などがあり、命にかかわる場合もありますので、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

一方、中毒とは異なり、依存は特定の状況や物事に過度に頼る状態を指します。例えば、「活字中毒」や「仕事中毒」がその一例です。アルコール依存症は、中毒ではなく依存の一形態ですが、一般的には「アル中」と呼ばれています。

依存は物質だけでなく行動や人間関係にも及びます。例えば、「インターネット依存症」や「共依存」などがあり、最近では「スマートフォンへの過度な依存」も問題とされています。

依存からの回復にはArs(アーセニカム)やNux-v(ヌックスボミカ)というホメオパシーレメディが役立ちます。

また、いわゆるワークホリックの人々は、仕事のストレスから酒やタバコ、コーヒーなどの刺激物を過剰に摂取する傾向がありますが、これは身体にさまざまな悪影響を与えます。

結果として、イライラや消化器系の不調、睡眠障害などが生じ、悪循環に陥ることがあります。Nu-vはこういう状態に使用することができます。

Nux-vはストレスに対する主要なレメディであり、肝臓に関連するものです。午前1〜2時は肝臓の回復がピークであり、肝臓に負担がかかりすぎると睡眠中に目が覚めることがあります。従って、睡眠中に目が覚めたり、浅い睡眠に悩む人は肝臓に負担がかかっている可能性があります。