レメディを適切に選ぶための、5つのポイントとは?

子どものためのホメオパシー(本)

ホメオパシーのレメディ、どんなふうに選んでいますか?

本にその症状が書いてあるから?

ん~、ま、それでもいいけど、
あまり変化がないこともあるでしょうね。
ただ、ずっとそうなら初心者の域から出られないなぁ…

結局当たりハズレで選ぶんかい!
と、ツッコミいれるよ^^;(すいません、大阪人です)

レメディを選ぶときには観察してほしい、5つのポイントがあります。

これは基本中の基本!ぜひ覚えてください。

  1. おもな症状以外に出ている症状はあるか
  2. 症状の出ている場所はどこか(右、左の区別も含む)
  3. 原因は何か、いつからか
  4. 症状は、どのようにしたら楽になるか、もしくはひどくなるか
  5. 症状をどんなふうに感じるか(痛みならズキズキとか、チクチクとか)

これらをしっかり観察すると、適切なレメディが見つけやすいですよ。
(もちろん、レメディの基本的な特徴はさきに知ったうえで、になりますが)

ホメオパシー救急相談でもこの5つは記入していただいてます。
もし他のホメオパスに相談しても、やはりこれらを質問されると思います。

ちなみに私の翻訳書、
「子どものためのホメオパシー/トリシア・アレン」

には、27ページから約7ページにわたって
この5つについて詳しく書いてあります^^

   

以下をフォローする