ホメオパシー救急相談について

カゼ、頭痛、腹痛、けがなどで急に調子が悪くなった!
お薬(クスリ)飲まなきゃ!でしょうか?
現代は「それが常識」と思われているようですが、ほんとは怖い…

薬でいつも症状を抑えていると「自己治癒力」が使えません。
そのうち使いかたを忘れてしまいますよ。

なにか急に症状が出たら、「まずようすをみる→ ホメオパシーのレメディを使ってみる」
そうすると、自分の自然治癒力にスイッチが入ります。

つまり「自分で自分を治す」ことができるのです。

【レメディの使い方のヒント】

急性症状は、1,2回レメディを使っただけでは変化がないこともあります。
すぐに変化がなくても、レメディをとることで自然治癒力は高まるので、あせらないように。

最低6~9回(1日3回で2,3日間)はしっかりリピートするようにしてください。

↓↓↓

もし、レメディキット(または手持ちのレメディ)を使ってみたけど変化がない!

…そんなときはこの無料相談を。通常24時間以内にお返事致します。
(アドバイスはメールのみです)

※無料救急相談は「自分でレメディを使ってみてから」です。

初めからどのレメディをとればよいか、をアドバイスするわけではありません。
ご注意ください。

※ 激しい症状が続くときは無理せず医師の診察を受けてください。

※ 救急相談お申込みのかたは、メルマガ~『ほめぶ』通信~に登録させていただきますのでご了承ください。登録はいつでも解除できます。

お申込みフォームを利用しにくいかたへ

◆ お手数ですが、以下の質問項目すべてをEメールにコピーして記入して送付してください。なお、質問項目は削除せずにそのままにして順にご記入ください。

◆ メールの件名には「無料救急相談希望」とご記入ください。

◆ メールの送信先 info★nipponhomeopathy.com(★は@に変えてください)

■お名前(症状がある方)、性別、生年月日(西暦/月/日)

1. 症状は?(例:頭痛。)状態はできるだけ詳しく。

2. いつから?(例:○月/○日の朝から午後になっても治らない。)

3. 箇所?(例:後頭部と頭の右側)

4. どんなふうか?(例:ズキズキして吐き気がある)

5. どうしたら楽になるか?また悪化するか?
(例:手で押さえると少しましになるが、下を向くとひどくなる)

6. 原因は?(例:昨夜飲みすぎたかも)

7. 主な症状以外に不調があるところは?
(例:朝からお通じが無い。のどが渇く)

8. その他(参考になりそうな情報をなんでも。時系列で)

9. 上記に関して、どのレメディをいつ、どんなふうに使ったか?そして、使ってどうだったのか?
(例1:Ars 30を1時間ごとに3回使った。しかしまだ下痢が止まらない。例2:Bell 30を1日3回、2日間使った。しかしまだ熱がさがらない。など)

お返事とフォローについて

通常24時間以内にお返事いたします。

ご相談内容に応じて、適切と思われるレメディとその取り方を簡潔にお知らせします。

急性症状に関しての救急相談なので、通常は3~5日レメディをとると回復するのが普通です。

ただし場合によっては、途中で違うレメディが必要になることもあります。

スムーズに回復が進まない場合は1,2回フォローします(無料)ので、必ず「初回のお返事のメールに返信」でご連絡ください。(別途メールにされると経過がわかりませんので)