依存や中毒のためのブッシュフラワー

依存や中毒の真の問題は何でしょうか?

かつて、「私は〇〇で会社を辞めました」というコマーシャルがありました(古!)。あれはタバコの禁煙のCMでしたが、お酒で人生を棒に振る人も多い……。誰の話かは言いませんが。そうなる前に何とかしたいものです。

考えてみると明らかなのは、依存や中毒には、「やめられない」という心の問題があるということです。しかし、これは急に起こったわけではありません。おそらく育った環境や人生経験、家族の影響など、さまざまな要因が関与しています。そしてそれらに恐怖心、羞恥心、罪悪感などが絡んでいます。

そうしたさまざまな要因と関連した「心の闇」に作用するのがブッシュフラワーなのです。ブッシュフラワーは、心のバランスを整えてくれます。

このアプローチは通常の薬では難しいです。実際、心理カウンセリングも必要になることがあります。とはいえ、定期的にカウンセリングを受けるのはなかなか難しい…

その点、フラワーエッセンスは毎日摂取することができます。ネガティブな気持ちとポジティブな気持ちのバランスを、潜在的に毎日整えてくれるのです。

以下に依存や中毒のためのブッシュフラワーを具体的に紹介します。最初に依存や中毒の背景にある気持ちを落ち着いて見つめましょう。そして以下から気になるものをミックスして使ってよいです。ブッシュフラワーを使うことで、少しずつ心の闇が晴れ、無理なく依存や中毒から抜け出せるかもしれません。


ボロニア+ボトルブラシ
…習慣的行動、摂取をやめるために

スタートデザートローズ
…やめられないという罪悪感

ミントブッシュ+ドッグローズオブザワイルドフォーシズ
…気持ちを抑えるために中毒的行動をとる

サザンクロス
…自分が被害者だと思い、他人のせいにする

ファイブコーナーズ
…自分はダメだと自尊心が低い

ビリーゴウトプラム
…依存していることが恥ずかしい

ワラタ
…中毒的行動をやめる間、ひどくつらいとき

ボアブ
…家系的な影響が考えられる場合

ウェディングブッシュ
…依存や中毒から抜け出した後の生活に向けて目標を立てるために


焦らず、急がず、続けることが大事!また自分の気持ちをノートに書くことや、人に話すことで、気持ちを発散させることも大切です。