レメディキット42種類のレメディの特徴

レメディキット

通販でレメディは単品を購入することができます。ただ、すぐに使いたいと思うときに手元にないと不便ですね。
そんなときのために「レメディキット」と呼ばれるホメオパシーレメディのセットがあります。

さまざまな市販のレメディキットがありますが、ここでは英国エインスワース(Ainsworths)社のレメディキットに含まれる、42種類のレメディの大まかな特徴をご紹介します。各レメディがどんなものかが、ササッとわかります。

このキットは子どもにも使えます。使いたいときは、できるだけ症状や原因に近い特徴のあるレメディを選ぶのがコツです。

>>キット購入のおすすめ通販ショップ:フェアデュウ

※レメディはABC順です

アコナイト (Aconite)

恐怖や激しい驚きに対するNo.1レメディ。寒さによるカゼの予防。
カゼ、熱、炎症の初期に有用。冷たい乾燥した風、恐怖・ショックによる症状に。ふだん健康な人が突然、体調をくずした時に。ひどく落ち着かない、怖い。特に根拠もなく死を恐れている。皮膚が乾燥して熱い。症状は夕方/真夜中ごろ悪化する。のどが渇いて冷たい飲物を欲しがる。水以外は、にがい味がする。

楽にするもの : 新鮮な空気。
悪化させるもの:触れること。

アリウム・セパ (Allium cepa)

タマネギを切ったときのような症状に。花粉症。カゼ。
くしゃみが出て鼻水、涙が出る(ユーフラシア、ネイチュ・ミュア参照)。目は赤く炎症を起こして、光に敏感で、大量に涙が出る。涙は焼けるような感じはないが、鼻水は焼けるようで上唇や鼻腔はヒリヒリする。鼻と目の症状はユーフラシアと反対であることに注意。耳、のど、喉頭に症状が広がることも。咳、声枯れがあると、喉頭がムズムズして激しい咳になる傾向。冷たい空気を吸い込むと咳が出る。

楽にするもの:冷たさ。新鮮な空気。
悪化させるもの:暖かい部屋に入ったとき。風通しの悪さ。夕方。まぶしい光(目の症状について)。

アント・タート (Ant tart)

ゼーゼー音のする咳(子供や老人で痰が出せない)。
痰を吐くことができない(イペカック参照)。水っぽい痰が溜まっている。息が詰まる感じ、弱々しい、眠い、ぐったりしている。イライラしていることも。あくびが出て汗をかく。舌が白い。予防接種のあとの咳。

楽にするもの:痰を出す。起きていること。冷たい飲みもの。
悪化させるもの:暖かさ。横になる。午後4時。人がそばにいること。

エイピス (Apis)

虫さされやアレルギーに。皮膚がハチ刺されのような症状で炎症を起こして腫れている。アレルギー性浮腫。むくみ。患部は赤く熱く、触ると敏感。かゆみやチクチクする痛みがある。落ち着かない。のどが渇かない。

楽にするもの:冷シップ。
悪化させるもの:熱。午後4~6時。

アージェ・ニット (Arg nit)

心配、不安、心細さによる不調。閉所恐怖症。
予期不安からの胃腸症状(げっぷ/鼓腸)に。落ち着かない感じがして衝動的になりがちな、身体が温かい人に。人前でのパフォーマンスの失敗が怖い。物事を大急ぎで終わらせてめちゃめちゃにする。(ジェルセミウム、ライコポディウム参照)。チクチクする痛み。

楽にするもの:外気。速く歩くこと。
悪化させるもの:人込み。甘い物(下痢をおこす)。

アルニカ (Arnica)

あらゆる怪我、トラウマにNo.1のレメディ。手術後の回復。時差ぼけ。肉体疲労。
事故や傷など身体的問題の後で最初にとるレメディ。早めにとると腫れ、あざを軽減する。痛みのため触られるのを怖がって、一人にしてほしがる。明らかに悪そうなのに大丈夫と言う。ショック状態にある人の典型的な反応に。上半身が熱いが下半身は冷たい。記憶が悪い。

悪化させるもの:ゆすること。怪我の部分を下にして横になること。

アーセニカム (Arsenicum)

胃腸や胸の不調で、不安、寒気、落ち着きのなさなどを伴う。食あたりなどの下痢。
ひどく肉体的に衰弱して、精神的に落ち着かない。一人にして欲しくない。死が怖い。痛みや分泌物は焼けるよう。寒気があり、症状は熱で楽になる(頭痛以外)。のどが渇いて普通は熱い飲みものを頻繁にすする。潔癖症。

楽にするもの:暖かさ。横になること。
悪化させるもの:真夜中~午前3時。

ベラドンナ (Belladonna)

突然の激しい炎症。高熱。
炎症を起こした個所、あるいは全身が燃えるように熱く赤い。目は生気がなく、瞳孔が開いている。症状は突然起こる。
激しいズキズキする痛み。脈が早い。うなされて幻覚を見ている。のどが渇く。レモネードを欲しがる。

楽にするもの:横になる。
悪化させるもの:触ること。ゆすること。動かすこと。午後3時。

ブライオニア (Bryonia)

ゆっくり進行する炎症や痛み。動くと悪化。空咳。
粘膜が乾燥している。のどが渇いて、長い間をあけて大量の水を欲しがる(アーセニカムの反対)。じっと横になっている。症状は少しでも動くと悪化する。じくじくするような痛み。イライラして頭痛を我慢している。質問されると怒る。細かいことにこだわる。

楽にするもの:強く押えること。
悪化させるもの:午後9時。キャベツ、豆を食べた後。

カルク・カーブ (Calc carb)

成長が遅い。歯が生えにくいとき。
成長時期に大きな発育の変化があるときに必要。典型的には色白で太ってしまりがない体つきだが、太っていないこともある。疲れやすく汗かき(特に後頭部)。酸っぱい匂いがする。怖いものがたくさんある(例:暗やみ、お化け、動物、虫)。発育が遅い。食物を消化吸収しにくいために、骨、歯の形成に問題を生じる。ゆで卵を欲しがる。

楽にするもの:便秘。乾燥した天気。
悪化させるもの:高い所。寒くなること、濡れること。歯生。牛乳。

カレンデュラ (Calendula)

傷の治癒に。救急レメディとして、切り傷、表層やけど、潰瘍、頭皮の傷、抜歯後、出産後などに。健康な瘢痕組織の形成(しこりを作らない)を促進する。クリーム、軟膏、チンキとして外用できる。ひどい不快感がある、または化膿している場合は、内用する(ヘパサルファ参照)。

楽にするもの:暖かさ。歩く、またはじっと横になっていること。
悪化させるもの:曇って湿気のある天気。夕方。

カンサリス (Cantharis)

膀胱炎で排尿の前中後に焼けるような痛みがある。やけど。
心身ともに過敏。症状は突然で激しい。切るような焼けるような痛み。焼けるようなのどの渇きがあるが、飲むと悪化する(特に冷たい飲みもの)

楽にするもの:冷シップ。
悪化させるもの:触ること。

カーボ・ベジ(Carbo Veg)

胃腸のガス。衰弱。酸素不足。蘇生のレメディ。
「ホメオパシーの蘇生剤」としてこのレメディは多くの命を救っている。
最も極端な症状は酸素不足による衰弱で、身体は冷たくぐったりして青ざめている。深刻でない場合はひどい脱力感がある。
消化の障害がたくさんある、特に胃腸内のガス(ライコポディウム参照)。上腹部(胃)がひどく膨れている。暴飲暴食による不調。

楽にするもの:涼しい空気。おあがれること。げっぷをすること。
悪化させるもの:暖かさ。脱水症状。睡眠の前。きつい衣類。

カモミーラ (Chamomilla)

子供の歯が生えるときに。手におえない子供。痛みに伴う怒り。
特に子供のほおが片方だけが赤い場合。過敏さが特徴。病気や怪我とつり合わない耐え難い痛みがある。不機嫌な子供に(抱っこしている間だけ静かにしている、常に何か欲しがるが与えると拒む)。身体が熱く汗ばんでいる(特に頭部)。

楽にするもの:覆いをかけないこと。
悪化させるもの:午後9時~真夜中。

チャイナ (China)

脱水症状で衰弱を伴う。
感覚が鋭い繊細なタイプ。不調は体液の喪失でひどい脱水症状(例:熱または下痢の後)の後に起こりやすい。お腹が膨れるが、げっぷをしても楽にならない(カーボ・ベジ参照)。

楽にするもの:強く押えること。横になること。断食。衣服をゆるめる。
悪化させるもの:軽くさわること。

コキュラス(Cocculus)

乗り物酔い。つわり(セピア、ヌックス・ボミカ参照)。時差ぼけ(アルニカ参照)。睡眠不足からの精神的疲労(病人の介護など)。
揺れ動くものを見て気分が悪くなったとき。背痛を伴うこともある。金属のような味がして飲食、タバコの煙を嫌がる。悲しくて感情的になったようなときは、のどが渇いたり詰まったり、飲み込みにくくなったりする。胃に穴が開いたような空っぽの感じ。冷たい飲みもの、特にビールを欲しがる。

ドロセラ(Drosera)

百日咳。激しい痙攣する咳(アント・タート、イペカックを参照)。咳が激しく発作的で、吐き気、おう吐、鼻血が出そうになる(イペカックを参照)。胸をささえると楽。喉に羽毛がひっかかったような感じ。落ち着かない。頑固で疑い深い。症状は真夜中後に悪化する。

楽にするもの:上半身を起こしていること。外気。
悪化させるもの:横になること。会話。暖かさ。

ユーフラシア(Euphrasia)

結膜炎、花粉症やアレルギーの目の症状に。アリウム・セパとよく似た症状で、カゼや花粉症の場合は、ネイチュ・ミュアと比べること。アリウム・セパとは反対に、涙は焼けるようでほおがヒリヒリするが、鼻水は刺激がない。目やまぶたが腫れて焼けるようだったり、ザラザラする感じがする。花粉症で焼けるような涙がだらだら流れる。結膜炎では、ネバネバする粘液をとろうとして頻繁にまばたきする。薄い粘液は焼けるような感じがする。まぶたが垂れ下がったように見える(ジェルセミウム参照)。

楽にするもの:暗くすること(ただし夕方に悪化)。
悪化させるもの:家の中。暖かさ。明るい光。

フェラム・フォス(Ferrum phos)

気管支炎。耳痛。ゆっくり進行する感染、炎症。
子供の急性病に有用。主にカゼ、気管支炎、耳痛に。特にカゼが胸や耳に即広がるもの。
穏やかなベラドンナの症状のようであり、顔はそれほど赤くないが疲れたように見える。ジェルセミウムよりは顔が赤く、急を要する感じ。タマゴでひどく悪化する傾向。
赤い顔でひどく疲れた感じ。耳、鼻、胸の炎症の初期段階。熱があって脈が早く、理由もなく顔が赤くなったり白くなったりする。咳をすると胸が痛む。のどの痛みよりも胸の症状がある。カゼで目が炎症を起こしザラザラした感じで、鼻水に血が混じる。

ジェルセミウム (Gelsemium)

インフルエンザ。予期不安。広場恐怖症(外出できない)。
特に寒気で背中がゾクゾクするとき。麻痺が特徴。肉体的に消耗しきっているが頭は冴えている。震え、筋肉痛がある。特に頭と目が重い(まぶたが垂れ下がる)。舌が黄色い。

ヘパサルファ (Hepar sulph)

感染して痛みがあり膿が出る。おでき、膿瘍。口唇ヘルペス。リンパの腫れ。
あらゆるもの(痛み、触ること、寒さ、騒音、激しい活動)に敏感なのが特徴。
身体は非常に冷たい。感情的に激しい。膿を形成する傾向。チクチクするトゲのような痛み(アージェ・ニット参照)。

楽にするもの:熱。湿気。暖かいベッドに横になること。
悪化させるもの:ふとんをかけないこと。冷たさ。

ハイペリカム (Hypericum)

神経への傷に。鋭利な器具による裂傷、また、神経に富んだ個所への怪我(例:ドアに指をはさむ)。尾骨の打撲やぎっくり腰に対する応急処置。激しい痛みが神経に沿って走る。破傷風の予防にも。

イグネシア (Ignatia)

急死、急な悲しみ、感情的ショック、失恋のあとに起こった症状に。起こったことを受け入れられずない。しゃっくり、無意識にため息をついたり、あくびをする。失神、ヒステリーにも。ロマンチストで理想が高い。何もないのにのどが詰まった感じがする。

楽にするもの:暖かさ。
悪化させるもの:タバコ。新鮮な空気。

イペカック (Ipecac)

吐き気、おう吐が続くとき。吐いても楽にならない。
突然の鮮血の出血(鼻血、痔疾、生理)。大出血。
呼吸器の発作。窒息しそうな咳。吐き気がする乾燥した咳。痰が出にくい(アント・タート参照)。のどが渇かない。唾液が出て舌はきれい。

楽にするもの:外気。
悪化させるもの:食べ過ぎ。

ケーライ・ビック (Kali bich)

カゼや副鼻腔炎に。(慢性副鼻腔炎はホメオパスに相談して下さい。)
非常に濃い粘りのある黄色・緑色の臭い分泌物がある(プルサティラ参照)。
寒気がした後で病気になる人、調子が悪くて寒気がする人に。夏に悪化するように感じる。
たいてい痛みははっきりわかる小さな場所にあるが、あちこち移動する。

悪化させるもの:目が覚める時。夜。食後。

ラカシス (Lachesis)

過剰に興奮した症状で、楽になるためにはけ口を求める。
左側の症状、または左から始まり右に移る(特にのど痛)。身体は温かい。話し好きで、楽しい人だが、活動し過ぎる気性。疑り深く嫉妬深いこともある。激しい。

楽にするもの:外気。冷たい飲みもの。生理中、後。
悪化させるもの:閉経。アルコール。首まわりのきついもの。睡眠後。ひどく暑い天気。

リーダム (Ledum)

刺し傷、目の周りの青アザ。虫刺され。痛風、リューマチ痛。
深い傷(例:爪でえぐられたような)や、 動物や虫による噛み傷に。チクチクするような、裂けるような、ズキズキする痛みがある。患部は腫れて青く冷たいが、本人は熱く感じている。

楽にするもの:冷シップ。
悪化させるもの:熱。

ライコポディウム(Lycopodium)

自信がない。消化の問題を伴う。
不安。特に新しいことをする時や人前で話す時に自信がない。一旦やり始めると大丈夫(参照:アージェ・ニットはあせって失敗する)。内弁慶。学校で問題のある子供。
症状は右側、または右から左へ移動する(ラカシスの反対)。
げっぷ、腹部膨満。おならが出やすい。

楽にするもの:暖かい飲みもの。甘い物。動くこと。外気。げっぷを出すこと。
悪化させるもの:午後4~8時。

マグ・フォス (Mag phos)

こむらがえり、生理痛、疝痛など、ホメオパシーではアスピリン的存在。
温水に砕いて入れてすするのがおすすめ。頭、顔の神経痛、痙攣またはうずくような痛みに。頭痛、歯痛、生理痛の緩和に。痛い痛いとよく言う敏感な、または神経質な人に適応(症状が続く場合はホメオパスに相談して下さい)。

楽にするもの:熱。強く押えること。
悪化させるもの:冷たさ。覆いを取ること。触ること。

マーキュリー (Merc viv)

汗が多量に出る感染病。潰瘍。カゼ、のど痛。口内炎。
人間温度計(暑さ寒さに敏感で、適度な温度で好転)のような人に適応する。
非常に臭い息や分泌物(血が混じることも)がある。腺が腫れやすい、カゼをひいて大量に汗をかきやすい。特に夜、唾液が過剰に出る。非常にのどが渇く。白い舌苔。舌に歯型がつく。

悪化させるもの:夜寝ているとき。湿った冷たい天気。雨。

ミックス花粉(Mixed pollens)

花粉症。花粉症の予防に。
木、草、花の花粉の影響。かゆく焼けるような目、涙目(ユーフラシア、アリウム・セパ、ネイチュ・ミュア参照)。くしゃみ、ゼーゼーする息、鼻水、充血。口、鼻、耳、のどのかゆみ。(注:英国の花粉のミックスで日本の花粉とは種類が違うが、症状に合う場合もある)

ネイチュ・ミュア (Natrum mur)

カゼ。口唇ヘルペス。頭痛。憂うつ(メランコリー)。
ヘルペスが唇の上にある場合(他の強い症状はない)。非常に敏感な人々でささいなことを長く覚えている。何に対しても感覚が鋭敏なので、自分を閉ざすことで自分を守ろうとする。少数の選ばれた人(または一人だけ)以外の慰めでは悪化すると感じる。沈黙した悲しみ(感情を出さない)に重要なレメディ。下唇の中央が深く割れている。卵白のような排泄物。塩分を欲しがる。太陽によるじんましん。

悪化させるもの:熱、特に太陽。

ヌックス・ボミカ (Nux vomica)

ストレスにNo.1のレメディ。
二日酔い、消化不良、イライラ。便秘。便秘と下痢の繰り返し。カゼ。不眠。
こってりした食べ物への耽溺にも。寒がり。ストレス、緊張、イライラ、怒りっぽい傾向がある。消化の問題があり、吐くと楽になるが吐けない。遊びも仕事も一生懸命で、コーヒー、酒、タバコなどをとりすぎる。また、スパイシーなものが好き。寝る2~3時間前にレメディをとるのが最適。

楽にするもの:休息。暖かさ。熱い飲みもの。
悪化させるもの:朝。

パッシフローラ (Passiflora)

不眠、神経緊張。
副作用のない穏やかなトランキライザー(鎮静剤)として。心を穏やかにして眠りやすくする。年令に関係なく安全。夜間に目が覚めたときは繰り返してとってよい。

フォスフォラス (Phosphorus)

心配、鼻血。咳、カゼ、喉頭炎。大出血。
かわいらしく陽気で、愛情深く同情的なタイプ。境界線があまりないので他人の問題で疲れてしまう。非常に感受性が強い。恐れと不安にさいなまれる。燃えるような熱と痛み。出血しやすい。アイスクリームが好き。のどの渇き。マッサージが好き。

楽にするもの:冷たい飲みもの。食べること。睡眠(うたた寝も)。
悪化させるもの:突然の天候変化(特に嵐)。食事を抜くこと。左下に横になること。

プルサティラ (Pulsatilla)

カタル。涙。まとわりつく。子供の耳の感染。女性の生理の問題。
症状は非常に変わりやすい。気分屋で泣き虫で、誰かにそばにいてほしがる。子供はまとわりついて離れず、めそめそ愚痴を言う。のどが渇かない。閉め切った部屋にいると悪化。外に出て新鮮な空気を得るとガラっと気分が良くなる。分泌物は濃く、味がなく黄緑色。濡れた後、足が冷えたあとに症状が出る。

楽にするもの:入浴。泣くこと。動くこと。押えること。
悪化させるもの:黄昏どき。雨が降って風が強い天気。

ラス・トックス (Rhus tox)

捻挫、ひねり。リューマチ痛。みずぼうそう。帯状疱疹。インフルエンザ。
じっとしていられないこわばり。普通、痛みは関節の周りで、うずいて、打撲したような感じがする。痛みは、動かし始めに引き裂かれるようにじくじくと悪化するが、緩やかな動きを続けると楽になる。じめじめした寒い天気が嫌い。カゼ、熱、インフルエンザのときに舌の先に赤い三角形がある。このレメディを必要とする子供は冷たいミルクを欲しがる。

ルータ (Ruta)

捻挫、ひねり。リューマチ痛。目の疲労。歩行困難。腱や骨表面(骨膜)への傷。
ルータは深く働くが、ラス・トックスほどの目立った特徴はない。小さな関節に。
やや落ち着きがない。骨が傷ついた感じがする。

悪化させるもの:患部を下にして横になること。

セピア (Sepia)

(女性)ホルモンのアンバランス。愛するもの(家族など)に無関心。
疲れきって引きずるような重い感じがある。寒がり。涙もろい。同情が嫌いで一人でいたがる。酸っぱい物、チョコレートを欲しがる。

楽にするもの:激しい運動。食べること。暖かさ。戸外の空気。
悪化させるもの:生理中。食事を抜くこと。妊娠。

シリカ (Silica)

感染や傷痕を消すために。便秘。トゲ、砕片などの排出。膿を出す。
応急処置において、異物を排出させるために非常に良い。ただし、ペースメーカー、金属ピンなどが体内にあるときは注意すること。急性病では、感染しやすく非常に治りの遅い、寒がりの人に適応。のどが渇く。汗をかきやすい。

楽にするもの:熱。
悪化させるもの:寒くじめじめした雨降りの天気。

スタフィサグリア (Staphysagria)

憤り。肉体的・精神的に傷ついた感じ。切り傷。
優しく静かに見えるが、怒り、憤り、屈辱を感じている。境界を侵されたと感じる。鋭利なものによる切り傷に非常に良い。手術後。触られたくない。

楽にするもの:暖かさ。休息。朝食。
悪化させるもの:食事を逃すこと。タバコ。激しい活動。

サルファ (Sulphur)

家の掃除をしない。皮膚症状。子どもは自然児。
身体は温かい。お風呂が嫌い。午前11時に胃が空っぽになって沈んだ感じがする。甘い物、スパイシーな食べ物を欲しがる。燃えるような痛み。不快な、腐食するような、燃えるような分泌物。かゆい。ホメオパスの助言なしに皮膚症状に対して日常的に使用しないこと(とくにアトピーへの使用は注意)。

楽にするもの:新鮮な空気。
悪化させるもの:暖かさ。水泳、水浴び。午前10~11時。