⇒ 新型コロナに関する厚生労働省の情報リンクはこちら!

後遺症?コロナ回復後も続く「呼吸の苦しさ」が楽になるホメオパシーレメディ

この記事は約4分で読めます。

一旦落ち着いたように見えた、
新型コロナの感染者が
またすごく増加していますね。

重症者は少ないとはいうものの、
若い人に感染者が増えていることが
気になります。

そしてさらに、退院したのに
その後も後遺症のような症状が続いて
薬を服用しても治らない、

という問題を抱える方が
増えてきているようです。

呼吸困難

そんな時こそ
ホメオパシーがお役に立ちます。
また使ってみる価値は大いにあります!

それで今回は、
コロナからの回復後に続く
「呼吸の苦しさ」のための
ホメオパシーレメディ

というテーマでお伝えします。

 

今回お伝えするレメディを使うと、
「薬を使っても改善しない呼吸の苦しさ」
が楽になる可能性が高いです。

 

ではさっそく
どんなレメディが良いかを
ご紹介していきたいと思います。

いずれもレメディキットに
入っているレメディです。

呼吸が苦しい「3つの場合」

まず「呼吸が苦しい」といっても

・呼吸の苦しさがずっと続く
・突然呼吸が苦しくなる
・不安になると呼吸が苦しくなる

というような場合がありますね。

 

それぞれの場合に応じたレメディは、
以下の3つです。

・呼吸の苦しさがずっと続く
カーボベジ(Carb-v)

・突然呼吸が苦しくなる
アコナイト(Aco)

・不安になると呼吸が苦しくなる
アーセニカム(Ars)

 

例を挙げてご説明します。
私の父の体験です。

カーボベジ(Carb-v)の例

父は高齢に加え
心臓があまりよくなかったので、
呼吸の苦しさが
続くときがありました。

ドクターからは狭心症のための
体に貼るテープが
処方されていました。

しかしそれを貼っていても
呼吸の苦しさは
続くことがあったのです。

 

それで父には
呼吸の苦しさが続くときは、
カーボベジ(Carb-v)
をとるように言いました。

すると、たいていは一粒とるだけで
5~10分くらいで呼吸が楽に!

アコナイト(Aco)の例

また、
父は時間を問わず
突然呼吸が苦しくなる時が
ありました。

そういう時には、
アコナイト(Aco)
をとるように言いました。

 

アコナイトは
急な呼吸の苦しさに限らず、
突然何か症状が起こった時の
ナンバーワンレメディです。

アーセニカム(Ars)の例

父は怖がりではありましたが、
幸いなことに

・不安で眠れなくなる。
・呼吸が苦しくなると
死にそうでひどく怖い。

というようなことは
ありませんでした。

 

もし不安や心配、恐怖で
呼吸が苦しくなる
というような場合は、
アーセニカム(Ars)
がおすすめです。

持病があってもレメディはピンポイントで!

もしかすると、
「え?心臓は悪くないのに
コロナの後遺症でレメディを取ってもいいの?」
と思われるかもしれません。

大丈夫です!
なぜならここで注目しているのは
あくまで「呼吸が苦しい」
という状態だからです。

 

ホメオパシーのレメディは
いわゆる持病に関わらず、
ピンポイントの不調に使う
ことができます。

この場合は「呼吸の苦しさ」です。

レメディを選ぶコツ

そしてレメディを選ぶコツは、
父の例のように

・どんなふうに呼吸が苦しいの?
・どんなときに呼吸が苦しくなるの?
・呼吸の苦しさを引き起こす感情は?

といった観察です。

回復期にレメディを使う理由

ホメオパシーレメディは
あなたの自己治癒力の
スイッチを入れてくれます。

コロナから回復したとしても、
実は自己治癒力はまだ完全に
回復していないかもしれません。

そんなときこそ
ホメオパシーレメディは、
最も自然な形で本来の元気を
回復する助けになってくれます。

 

ホメオパシーレメディは
お薬ではないので大変安全です。

もしご家族やお友達で、
コロナから回復した後も
呼吸の苦しさがある、
という方がいらしたら、
ぜひすぐにすすめてあげてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました