コロナ後の味覚障害のためのレメディは?

この記事は約2分で読めます。

亜鉛

コロナのあとの味覚障害に役立つホメオパシーレメディ

→ ジンク(亜鉛)Zinc

亜鉛は体内で多くの重要な働きをするミネラルです。

亜鉛とは、人が健康を維持するために必要な栄養素です。

亜鉛は全身の細胞に存在し、免疫システムが侵入してきた細菌やウイルスを防御するのに役立ちます。

タンパク質およびDNA、つまりすべての細胞の中にある遺伝物質を合成するためにも、亜鉛は体に必要です。

妊娠中、乳児期および小児期の体は、十分に成長・発達するために亜鉛を必要とします。

亜鉛は創傷治癒にも有用で、適正な味覚や臭覚にも重要です。

厚生労働省eJIM | 亜鉛 | サプリメント・ビタミン・ミネラル | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト
「統合医療」情報発信サイトの「海外の情報(一般の方へ)」のページです。「統合医療」情報発信サイトは、民間療法をはじめとする相補(補完)・代替療法*と、どのように向き合い、利用したらよいのかどうかを考えるために、エビデンス(根拠)に基づいた情報を紹介しています。決して個人の責任で実施するさまざまな療法を制限するものではな...

亜鉛は直接免疫システムと関わっているのがわかりますね。
うつや不安のような精神的な症状にも関連があります。

新型コロナのようなウイルスが体内に入ると身体に強いストレスがかかるので、
亜鉛が大量に消費されてしまいます。
それで味覚障害になってしまう可能性があるのです。

ホメオパシーレメディの亜鉛をとると、亜鉛が不足という情報を身体に伝えます。
その情報により身体は対処しようと働く…これがホメオパシーレメディの働きです。
身体にある亜鉛を必要なところに回そうとします。
でも体内の亜鉛が不足すると、体外から食事で補給が必要になってきます。

亜鉛が多い食物:

  • 牡蛎
  • 赤身の肉、鶏肉、カニなどの魚介類
  • 朝食用栄養強化シリアル(亜鉛入りと表示のもの)
  • オートミール
  • 豆類、ナッツ類、全粒穀類など
食事から亜鉛をとる場合、一緒にホメオパシーレメディをとると亜鉛の吸収を促進します。
市販の亜鉛のサプリメント(iHerbのものがおすすめ)をしばらくとるのも良いでしょう。
サプリメントのミネラルは吸収率が低いので高吸収タイプを選んでください。
コロナ後の味覚障害は亜鉛の問題だけではないこともあります。
その場合はコロナ前後の状態や、他の慢性症状などを考慮する必要があるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました