ホメオパシー救急相談

急性症状にレメディを使うときのポイント!

1,2回レメディを使っただけではあまり変化がないこともあります。

初心者でよくあるのは次々にレメディを変えてしまうこと。

これは返って身体のほうが混乱してしまうので注意してください。

レメディをとると自己治癒力が働きだして、自然な形で状態が変わってきます。すぐに変化がなくてもあせらないようにしましょう。

  • 最低6~9回(1日2,3回で2,3日間)はリピートする。
  • 通常は同じレメディをリピートすること!

ホメオパシー救急相談について(無料/有料)

  • ホメオパシーの基本知識をお持ちであることが前提です。
  • レメディキットなどのお手持ちのレメディから選びます。
  • こちらからレメディを送付する場合(国内のみ)は+500円。

無料相談(お手持ちのレメディを使用する場合)

救急相談お申込フォーム

有料相談(こちらで選択してレメディを送付する場合)

3,500円(後払いでお振込みください)

救急相談お申込フォーム

お返事とフォローについて

通常24時間以内にeメールでお返事いたします。適切と思われるレメディとその取り方を簡潔にお知らせします。

スムーズに回復が進まない場合は、無料で1,2回フォローしますので、メールで状態をお知らせください。

その場合必ず「初回にお返事したメールに返信」してください。

(注)急性症状では、通常はレメディを2,3日とると楽になるのが普通です。場合によっては5~7日くらいとったり、違うレメディが必要になることもあります。激しい症状が続くときは無理せずに医師の診察を受けてください。

eメールでお申込みの場合

下記の質問項目すべてをeメールにコピーして記入して送付してください。

なお、質問項目は削除せずにそのままにして、順にご記入ください。

メールの件名には「無料救急相談希望」とご記入ください。

メールの送信先 info★nipponhomeopathy.com(★は@に変えてください)

下記の質問項目すべてをeメールにコピーして記入してください

■お名前(症状がある方)、性別、生年月日(西暦/月/日)

1. 症状は?(例:頭痛。)状態はできるだけ詳しく。

2. いつから?(例:○月/○日の朝から午後になっても治らない。)

3. 箇所?(例:後頭部と頭の右側)

4. どんなふうか?(例:ズキズキして吐き気がある)

5. どうしたら楽になるか?また悪化するか?
(例:手で押さえると少しましになるが、下を向くとひどくなる)

6. 原因は?(例:昨夜飲みすぎたかも)

7. 主な症状以外に不調があるところは?
(例:朝からお通じが無い。のどが渇く)

8. その他(参考になりそうな情報をなんでも。時系列で)

9. 上記に関して、どのレメディをいつ、どんなふうに使ったか?そして、使ってどうだったのか?
(例1:Ars 30を1時間ごとに3回使った。しかしまだ下痢が止まらない。例2:Bell 30を1日3回、2日間使った。しかしまだ熱がさがらない。など)

⇒ その他のお問合せはこちらから