⇒ 新型コロナに関する厚生労働省の情報リンクはこちら!

急性症状の無料ホメオパシー相談

急性症状でレメディを使ってみたけれど、
イマイチよくわからない…
そんなかたに無料でレメディを選択します!

  • レメディはお手持ちのもの、またはレメディキットの中から選択します。
  • 選択方法は「キネシオロジーの代理テスト」です。急性症状のエネルギーにアクセスしてレメディを選ぶので、症状に関して明確な情報があるほど、適合するレメディを選びやすくなります。(キネシオロジー歴:2006年~)
  • 好評につき無料相談は継続していますが、件数次第では継続できなくなるかもしれません。
    イマイチ自分の選択に自信のない方は、レメディの選択に慣れるために今のうちにどうぞご活用ください。

無料相談のお申込みはこちら

お申込後、通常24時間以内にeメールで、適切と思われるレメディ、取り方を簡潔にお知らせします。

【お申込みの前に!急性症状にレメディを使うときのポイント】

1,2回レメディを使っただけではあまり変化がないこともあります。
こんなとき、ついすぐにレメディを変えてしまうかたが多いです。
でもこれは逆に身体のほうが混乱してしまうので注意してください。

レメディをとると自己治癒力が働きだして、自然な形で状態が変わってきます。
すぐに変化がなくてもあせらないようにしましょう。大事なのは、

  • 最低6~9回(1日2,3回で2,3日間)はリピートする。
  • なるべく同じレメディをリピートすること!

急性症状では、普通はレメディを2,3日とると楽になることが多いです。
場合によっては5~7日くらい続けたり、違うレメディが必要になることもあります。

激しい症状が続くときは無理せずに医師の診察を受けてください。

>>「急性症状の無料相談」以外の相談のお問合せはこちらへ

タイトルとURLをコピーしました