キネシオロジーでレメディを選ぶ時に注意してほしいこと

この記事は約2分で読めます。

キネシオロジーで、ホメオパシーレメディのような「エナジーメディスン」を選ぶときに注意してほしいことがあります。
キネシオロジー筋反射テストを「する側の人」の注意点です。
(テストされる側の人はリラックスしていてくださいね)

たとえば何か症状があってレメディを選びたいというとき、
「何を解決したいか」という目的は2種類あると思います。

1. 単に「症状を楽にする」ものを選びたい
2. 症状の「原因を解決する」ものを選びたい

さて、1と2をそれぞれ「意識して」筋反射テストをすると、
どちらを意識したかによって、選ばれるレメディが違うことがあります。

つまり、
「何を解決したいか」という目的によって、選ばれるレメディは違ってくる
ということです。

レメディを選ぶときには、
テストする人は「何のために筋反射テストを行うのか」をはっきり意識すること、
がとても大切なのです。

 

これは、「物質」が無い「エナジーメディスン」を選ぶときには特に重要なので覚えていてください。
意識しないでボーッと選ぶと、反応するものがたくさんあってわからない、ということもあり得ます^^;

 

「筋反射テストは意識するかどうかでそんなに変わりやすいの?」
と思われるかもしれませんが、変わりやすいわけではないです。
どういう答えを求めているかが明確であれば、しっかりした反応が返ってくるということなのです。

 

タイトルとURLをコピーしました